« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月26日 (木)

イチゴチャンゆの

イチゴチャンゆの
イチゴチャンゆの
こへパパがめでたく?お誕生日を迎えました。
火曜日の休日はこへパパのお祝いってことで、こへちゃんペースで買い物して、ささやかながらお祝い☆
ゆのはこへちゃんにかぶせられたイチゴチャンがなかなかお気に入りのようで、周囲の注目を浴び得意げに歩きまわってました(o^∀^o)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

お気に入り♪

お気に入り♪
お気に入り♪
こへパパがお友達にいただいたクッション★
以前使ってて、ボロボロになって捨てたのとたまたま同じクッション★
ゆのちゃんの昼寝の場所となりました(o^∀^o)

そして歯がかゆいのか下唇を噛みしめる癖がついてしまい、あまりにも噛みしめすぎて青紫に…(・_・;)
何か食べてる時と歯ブラシくわえている時以外ほぼ噛みしめてます(^。^;)

かゆくなくなったらやめてくれるかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

ショック(;_;)

ショック(;_;)
ショック(;_;)
ここ最近、園長先生のアドバイスのおかげでゆのとの関係がすごくいい感じで、お互い心が穏やかな感じで過ごしてたのに(・_・)

今日は保育所に入るためにアレルギーの再検査をして、結果を聞く日。
1月末からしつこく出続けている鼻水と、昨日の夜からでる咳も気になって風邪の診察も兼ねて病院へ。

一つ目のショック。
タマゴアレルギーの数値が倍になっていたこと。良くなっていると信じてたから、ガツーンときました。これからも除去決定。
そして新たにトマトアレルギーが判明。あまりいないらしい。

保育所に入って、お友達が美味しそうに食べているものが食べられないゆのを想像すると、可哀想で可哀想で (T_T)

アレルギーの子はいっぱいいることはわかっているけど、やっぱり可愛い我が子となると、なんで ?と思ってしまう。

しょうがない。そう思うしかない。


もう一つのショック。ゆのの喉がものすごく腫れているらしく、高熱が出てもおかしくない状態らしい。 初めて座薬を渡され、オロオロ。


いつになったら、余裕のあるおおらかな母になれるのだろう。動揺からボーっとして鍋をこがし、つまずいて転んでみたり…

こへママはこんな私を見て、笑いながらそうやって母になってくんやぜって。
ですよね☆

ゆのちんは鼻水たれながらも元気に大好きなしまじろうのDVDを見ながら歌い踊りくるっている。可愛い(*^o^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

母として

母として
母として
ここ最近ゆのの夜泣きは激しくなるし、抱っこと後追いもますますひどくなるし、周りからそうなったのは私に原因があるのではないかとチラホラ言われ(←意地悪でなく心配して) 仕事も忙しいし、なかなか追いつめられた私は、4月から通う保育園の園長先生に相談しました(;_;)

園長先生は私の話しを最後まで親身になって聞いてくれて、こうアドバイスしてくれました。

夜泣きは何か原因があるのかもしれないけど、原因が何なのよりも、ゆのが泣いていたら優しく抱きしめてやればいい。泣きやむまで、抱っこでもおんぶでもゆのが望むことをしてやればいい。手がかかるのが子供というもの。まだこの世に産まれてたった一年なんだから不安がいっぱいなのよって。園長先生もお子さんが3歳ぐらいになるまで夜はあまり寝られなかったらしく夜がくるのが怖かったそうだ。イライラしたこともあったけど、こんなにかわいがれるのは今だけ!って言い聞かせてがんばったそうです。

そして園長先生は私のことをすごく誉めてくれました。
『あなたすごくいい母親なのね。だってゆのちゃんがそんなに離れたがらないなんて』って。
めっちゃ嬉しくて、泣いてしまいました。本当に本当に最近自分のゆのの育て方に自信がなくて、不安だったので、先生の言葉が嬉しくて嬉しくて。
『そして、ゆのちゃんも幸せもの。こんなにママに愛されて。ゆのちゃんきっといい子になるね。愛情たっぷりだから』って。

保育園に預けるのがすごい不安だったのに、この先生がいる保育園なら安心だなって思いました。こんな神経質な私を受けとめてくれたんですから!

先生の言葉を頂いてから、単純な私は相変わらず寝ないゆのをポジティブにおんぶし、昼間は愛情たっぷり抱っこして、腰を痛めて湿布しながら今のところがんばってます(o^∀^o)

母親としての自覚がここ最近色んなことを経験して、考えてやっと出てきた気がします。いっぱい話しを聞いてくれたみんな。本当にありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »